プライバシーポリシー

 

                                          個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針

 

当社では「個人情報の保護に関する法律」(以下「保護法」といいます)に基づき、お客様に対し、次項以下の情報を公表いたします。なお、この公表事項は法に基づき、「ご本人が容易に知り得る状態」におく事を義務付けられている事項を含みます。 株式会社河北新報普及センターはお客様より提供頂いた個人情報に関し、情報の漏えいや改ざん、不正アクセス等の問題が発生しないよう、個人情報の適切な取得・管理・利用に努めていきます。

個人情報の定義(保護法第2条による) 本公表事項にいう「個人情報」とは、株式会社河北新報普及センターがお客様から提供を受けたご氏名、住所、電話番号、生年月日等の特定の個人を識別することができる情報をいいます。

個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項(保護法18条による) 当社は、お客様の個人情報を、法により例外が認められている場合を除き、下記の利用目的で取得します。また、お客様から直接書面(ホームページや電子メールなど電磁的方法による場合を含みます)に記載された個人情報を取得する場合は、法により例外が認められている場合を除き、その都度あらかじめ、その利用目的を明示させて頂きます。

1(Ⅰ)利用目的


1)キャンペーン・イベント・懸賞等の抽選(重複当選の調査を含みます)及び景品発送の為
2) 商品販売又はサービス提供の為
3) 各種料金の決済・精算業務の為
4) ツアーやイベント等のご案内・ご予約・報告及びその管理運営に関わる対応の為
5) お問い合わせ又はご意見の内容確認及びその対応の為
6) 採用に関する情報提供、採用選考の為


(Ⅱ)上記の利用目的に加え、個別にご承諾いただいた利用目的についてはその利用目的の範囲内で適切に利用させて頂きます。

(Ⅲ)お客様にご登録いただいた個人情報は、河北新報グループ各社が管理するその他の情報と関連付けられることがあります。例えば、ご登録いただいた個人情報をデジタル版河北新報(デジタル紙面) の管理システムなどと照合し、電子コンテンツの閲覧の可否をご契約の実態によって判定する事があります。

(Ⅳ)また、全ての個人情報について、個人を特定・識別できる個人データの項目を削除して、個人を特定しない統計資料の作成(その公表を含みます)のために利用する場合があります。


2.共同利用に関する事項(保護法23条第4項第3号)
「共同利用」とは、一定事項をあらかじめお知らせする事により、お客様の個人データ(容易に検索することができるように体系的に構成した個人情報)を特定の者と共同して利用する事が出来る、法で認められた制度です。 河北新報普及センターは、下記の通り、お客様の個人情報を共同利用させて頂くことがありますが、その利用目的の達成に必要な範囲を超えて、共同利用する事はありません。

なお、下記以外に、お客様の個人情報を第三者と共同利用する場合は、その取得の際に、個別に共同利用の旨を明示します。

共同利用に関する事項
(a)共同利用する個人データの項目

お客様の氏名、住所、電話番号、ご契約内容の情報及びその他お客様からご提供いただいた情報

(b)共同利用する者の範囲
株式会社河北新報、株式会社河北仙販、株式会社河北新報東販売センター、河北折込センター、河北新報印刷、河北輸送、その他関連企業
(c)「2.個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項‐(1)‐(Ⅰ)利用目的」記載の目的で共同利用します。尚、個人を特定しない統計資料作成(その公表を含みます)のために共同利用する場合があります。
(d)共同利用する個人データの管理についての責任を有する者の名称
株式会社河北新報普及センター


3.個人データの第三者提供に関する事項(保護法第23条第1項)
当社は、あらかじめお客様の同意を得ないで、法により例外が認められている場合を除き、お客様の個人データを業務委託先以外の第三者に提供することはありません。

(2)上記の記載内容は、次に掲げる場合においては適用しない

1. 法令に基づく場合
2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合で、本人の同意を得る事が困難であるとき
3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
4. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。


4.保有個人データの利用目的の公表に関する事項(保護法第24条第1項第2号)
「保有個人データ」とは、河北新報グループ各社が開示、内容の訂正、追加、削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことができる権限を有する個人データをいいます。 河北新報グループ各社が保有しているお客様の保有個人データの利用目的は、法により例外が認められている場合を除き、「2.個人情報取得時の利用目的などの公表に関する事項-(Ⅰ)-(1)利用目的」記載の通りです。
法により例外が認められている場合とは、以下の通りです。

1)利用目的をご本人に通知し、又は公表する事によりご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
2)利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより河北新報グループ各社の正当な利益を害する恐れがある場合
3)国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合


5.個人情報の開示等のご請求に応じる手続きに関する事項(保護法24条第1項第3号、第29条関連)
保有する個人データについて、ご本人又はその代理人から、利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除・利用の停止・消去又は第三者への提供停止(以下「開示等」といいます)のご請求があった場合、適切にこれに対応させて頂きます。
尚、河北新報グループ各社が業務受託しており、河北新報グループ各社に開示等の権限がない個人データは開示等のご請求の対象とはなりませんのでご了承ください


6.免責事項
ウイルス・マルウェアなどの有害物が含まれていないこと、および第三者からの不正なアクセスがないこと、その他安全性に関する保証をすることはできません